シトルリンサプリの効果は?口コミ人気のランキング

シトルリンサプリの効果や口コミはこれ!人気のランキング

シトルリンが使用されるようになるまで

 

自然界には多くの有効成分がまだまだ眠っていて、サプリメントや化粧品に配合されている成分の大部分は、食物などから発見されているそうです。今話題のシトルリンもスイカから発見されたそうです。スイカから発見されたシトルリンが発見された経緯と、その効果について今回は紹介したいと思います。

 

シトルリンは、今では万能のサプリメントとして多くの製品が発売されるようになりました。その歴史は古くは1930年までさかのぼります。1930年にシトルリンはスイカから発見されたそうです。シトルリンのその名前は、スイカの学名であるシトルラス・ブルガリス(citrullus-vulgaris)から命名されたと言われています。

 

シトルリンと呼ばれるその成分は、スイカの原種であるといわれているカラハリ砂漠の野生スイカの中に特に多く含まれていることがわかり、強い日光が降り注ぐような乾燥した環境でも生存するその強さの秘密が、このシトルリンにあるのではないかと考えられ、調査が始まるようになりました。

 

カラハリ砂漠のスイカは、私たちの知っている一般的なスイカとは異なっていて、甘みが少なく果実の色は白〜淡黄色になっています。現地で暮らす人々は、この野生スイカの果実を、あらゆる生活水、たとえば飲み水や料理の水、入浴するための水などとして使用してきました。

 

植物は一般的に、水が少ない環境で強い太陽の日差しにさらされ続けると、毒性の強い活性酸素が多量に発生し、徐々に枯れていってしまいます。ですが、この野生スイカは抗酸化作用を持つシトルリンを多く含むために、自らを守っていると考えられているのです。

 

その効果がアンチエイジングに効果があると見られ、シトルリンが期待されるようになっているのですね。具体的には、活性酸素のひとつであるヒドロキシラジカルを分解して、肌を酸化から守るパワーが大きいと考えられているのです。厳しい乾燥地帯でも強く生きているからこその、その豊富な保湿成分は、厳しい環境にさらされた人々の肌も、しっかりと乾燥から守ってくれることでしょう。

 

このようなシトルリンの発見は、1930年になりますが、日本で認められ利用されるようになってきたのは大きく間が空いて2007年8月までかかります。ようやくサプリメントなどの食品素材として新たに使用が認められるようになりましたが、すでに海外ではずっと前から使用されて血流改善、動脈硬化、精力増進、筋力アップなどの目的で取り入れられています。日本でも結局同様の目的をもって様々な製品が作られており、少し遅れた形となっています。

 

最近の考え方としては、シトルリンが血管を強くしなやかにしてくれる効果を持っているので、血流の改善によって健康に多様に良い影響を与える可能性があると見て、生活習慣病の様々な症状にも効果があると考えられています。

 

一時期、バイアグラのような効果があると大きくクローズアップされましたが、その後、シトルリンは血管を広げ、血流を良くする効能があることがわかったので、そうした精力増強剤というよりも、冷え症改善、肩コリ改善、筋力増強、脂肪燃焼、動脈硬化・脳卒中の予防などといった体質改善効果の方が重要視されるようになっています。

 

シトルリンの副作用は?

 

血行改善効果と、疲労回復、筋力増強などが期待できるシトルリンは、男女問わずに多くの人から注目を集めているサプリメントです。たくさんの人にご利用いただくにあたって、ぜひとも知っておいていただきたいのが、飲んだ際に生じる副作用です。シトルリンには、副作用があるのか無いのか、また注意すべき点などはあるのか、今回はそれをテーマにして情報提供していきたいと思います。

 

まずはシトルリンの副作用について詳しくご紹介していきましょう。シトルリンというのは1930年に発見された成分で、血流を促進すること、筋肉を強くし、また美肌効果などが現在までに確認されています。それを欲する男性や女性から、強い支持を集めているサプリです。

 

様々な業界で、更に利用が爆発的に増えるだろうと思われているサプリメントのひとつで、実際多くの製品が発売され、最近では気軽に手に入るようになってきています。しかしながら、だからと言って誰でも飲んでいいかというとそうではありません。飲む前にぜひ知っておいていただきたいのが、飲まない方がいい人もいるということです。

 

シトルリンは、スイカに特に多く含まれている成分ですから、スイカを食べてはいけない人がいないように、基本的には誰でも摂取して問題ありません。ですが、血流を促進する作用が強いので、血管に疾患を持った方の場合は使い方を間違うと害になる場合があります。サプリメントにおけるシトルリンの含有量は、スイカに含まれている程度ではないので効果もケタ違いです。

 

そうした人がサプリメントなどで1日に摂取するべき目安量については、医師と相談して決定した方が良いです。また、シトルリン血症をもった小児や、妊娠中の方も摂取は控えるべきだと言われています。

 

シトルリン血症と診断されている場合、尿素サイクルの合成酵素が欠損していることによって代謝異常が生じ、シトルリンの濃度が異常に高くなってしまって多くの不快な症状に見舞われる場合があります。具体的な症状としては、興奮性亢進、多呼吸、哺乳不良、痙攣、硬直、嗜眠、昏睡、嘔吐、痙攣、精神身体発育遅滞、意識障害、異常行動などがあります。

 

飲んではいけない人というのは上記のとおりですが、普通の人が飲んだ場合には、副作用と言えるようなものはないのでしょうか?日本ではシトルリンは2007年の8月から厚生労働省によって食品として利用可能な成分となりました。それから現在に至るまで、それから数々の製品が発売・利用されていますが、今のところ人体に害を与えた例や、重い副作用についての話は聞きません。

 

どんなサプリメントも過剰摂取はかえって体に毒となりますので、飲み方による部分はありますが、正しい用量用法さえ守れば、副作用の心配はないと考えられます。また、日本国内で認可されるようになる前は、欧米で使われていましたが、欧米での副作用についても特に報告されるようなものはありませんでした。バイアグラのような使い方をされる場合もありましたが、頭痛やめまいを起こしやすいそれと比べると、断然副作用の心配は少ないと考えられます。

 

摂取した後には、通常よりも多く尿が出たり、また時折濁った尿が出たりすることくらいですが、特にこれは体に問題があるわけではありません。ただ体に溜まっていた老廃物が一気に排出されていることによってそうした状況が一時的に出るだけのことで、心配する必要はありません。

 

シトルリンを使用すると体内でアルギニンも多く作られるようになるのですが、その作用によって、体内のアンモニア無毒化促進作用が起こり、肝臓や腎臓のデトックスが活発になっているために起こる症状です。むしろ体に良い反応ですから、もし尿が普段と違っていても驚かないでくださいね。

 

シトルリンサプリ選びの注意

 

シトルリンサプリメントに期待される効能は、精力増強、持続力アップ、筋力アップ、美容効果など実に様々です。インターネットによる通販での購入は気軽で人に知られずに入手できることからも人気が高いですが、一般の薬局でも購入は可能でしょうか?今回は、シトルリンがどこで購入できるのか、また、通販以外で購入する場合はどういうポイントに注意して選べばいいのかについて紹介します。

 

最近は、たくさんのサプリメントがコンビニの棚に所狭しと並んでいるので、たいていのサプリメントは近くのコンビニで手軽に入手することができるようになりました。種類としてはビタミンCとか、コラーゲンとか、特に美容系のサプリメントはきっと需要も多いし、切らしたくないという女性が多いだろうことから、多くおかれているのでしょうね。

 

しかも、数百円というサプリメントとしは低価格帯の商品が中心になっています。コンビニではそれほどお金を使うということはしませんから、吟味するというよりはスピーディーに買い物ができるように、低価格帯の商品が多くなっていると思われます。

 

コンビニでもサプリメントは売っていますが、現在、サプリメントを購入する際、最も多くの方が利用しているのはインターネットを通じた通信販売だと言われています。。

 

インターネットでの購入のメリットは、自宅にいながらも多くのサプリメントを時間を問わずにじっくりと比較できることにありますし、直接お店に行かなくてもネットに必要事項を記入してしまえば後日自宅まで届くようになっていますから大変便利です。

 

また、精力増強のためにサプリメント購入する、というような場合はプライバシーの問題もあって周囲に知られたくないということもありますから、配達員も含めて何が運ばれているかわからないようになっているのは非常に嬉しいことでもあります。

 

スポーツ用のサプリメントであれば、スポーツ用品店で購入されている方も結構多いのですが、そのようなサプリメントばかりではないのが実情です。また、インターネット通販に次いで多くの方が利用しているのが、ドラッグストアでの購入です。

 

サプリメントはもはやコンビニでも容易に入手できますが、いかんせん専門外のコンビニはまだまだ商品不足です。少量で数百円のものしか置くことができず、物によっては薬剤師を置かないといけないなどの事情から置くこともかないません。

 

大きめの薬局に行けば、コンビニよりもずっと多くの商品が並んでいますし、価格もお買い得価格になっていて、しかもまとめ買いも可能になっています。それでもネット通販と比較してしまうと、どうしてもスペースの限界がありますから取扱える種類は少なくなります。これはどうしようもありませんね。

 

コンビニや薬局に置かれているもの、特に低価格の製品は本当に効果があるのか疑わしく感じるという人は実は結構多いです。使ってもあまり効果は感じられないけど、気休め程度の気持ちで飲んでいるという人は少なくありません。

 

高価格帯のサプリメントの多くは、原料が天然素材から抽出されているものが多くなっていて、一方の低価格帯の商品というのは化学的に「合成」しているものがほとんどで、その原料の多くは石油なんです。石油ってプラスチックに代表されるように、何でも天然素材に似せて作ることができるようですから、こうした栄養成分も似せて作ってしまえるんですよね。

 

サプリメントには効果がないと言っている人の多くは、おそらくそうした化学的に合成されたサプリメントを使っている人が多いのではないかと思います。正しい栄養成分を摂取しているのに効果がないというのは、ごはん食べてもお腹が空いてるというくらいに普通ありえません。

 

石油から作ったサプリメントは天然成分のものと違い、体が受け入れないために体内で溶けにくく、吸収率があまりよくありません。そのまま体外へ排出されてしまうことも多いそうです。それどころか、質の悪いものを飲んでしまった場合には、化学合成された物質がそのまま残ったり、分解過程で予期せぬ物質が生成されて体内に悪影響も及ぼします。

 

それで急に特定の食べ物にアレルギー反応が出るようになってしまったり、花粉症になりやすくなるなどの症状が出てしまうこともあるそうです。ですから、合成サプリメントの摂取にはくれぐれも気をつけ、なるべく天然成分のサプリメントを選ぶ方が良いと思います。

更新履歴